トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

本堂の観音院

概要

坂井市春江町本堂にある観音院。行基(668年)が作ったといわれる木造如意輪観世音菩薩坐像が置かれている。安産の観音様と伝えられ、県指定文化財(1957年、昭和32年3月11日指定)でもある。

台座からの高さは161.1センチメートル。御開帳は33年に1度で、前回は1994年であったため、次回は2027年(平成39年)である。

最寄の公共交通機関

えちぜん鉄道西春江駅 徒歩1分

カテゴリー

[坂井市] [春江町] [県指定文化財]

最終更新時間:2006年05月07日 21時07分00秒

by ふくいウェブ

このページは、皆で編集して完成させる福井のローカル百科事典を目指しています。福井に関する情報であれば、どんなことでも、どなたでも参加して修正が可能です。皆様のご協力をお願いします。

なお、表記については、できるだけ客観的な表現をお願いします。(特定事項の宣伝やニュース情報ではありませんので、ご理解・ご協力についてよろしくお願いします。)

関連サイト: ふくいウェブネットBLOG - sawacom.net コミュニケーション