トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

睦月神事

睦月神事(むつきしんじ)の概要

睦月神事とは福井市大森町(旧:清水町大森)に鎌倉時代から伝わる伝統行事で、4年に1度開催される。天下泰平や五穀豊穣を願い賀茂神社に舞やおはやひを奉納。

江戸時代までは、8つの地区が二組ずつ組んで交代で毎年奉納してきたと言われているが、現在は大森地区だけとなり、4年に1度となった。参加者が全て男性であることが特長。

毎年2月14日に奉納してきたが、2007年からは奉納日を第三日曜日に変更して、住民が参加しやすいようにしている。

  • 国の重要無形民俗文化財に指定されている。

カテゴリー

[福井市] [伝統行事]

最終更新時間:2007年02月15日 09時49分07秒

by ふくいウェブ

このページは、皆で編集して完成させる福井のローカル百科事典を目指しています。福井に関する情報であれば、どんなことでも、どなたでも参加して修正が可能です。皆様のご協力をお願いします。

なお、表記については、できるだけ客観的な表現をお願いします。(特定事項の宣伝やニュース情報ではありませんので、ご理解・ご協力についてよろしくお願いします。)

関連サイト: ふくいウェブネットBLOG - sawacom.net コミュニケーション