トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

水ようかん

水ようかん

福井を代表する冬の味覚の一つ。

一般的には夏に食べるとされている「水ようかん」だが、福井県では全県的に冬の食べ物である。ただ、市販されているような夏の水ようかんと違い、よりやわらかくみずみずしいのが特徴。11月〜3月ごろまでの季節限定品であり、県内各和菓子店やスーパー、コンビニでも販売されている。

保存料を使用していないため、以前は県外への持ち出しが難しかったが、最近では保存用パックによるものも販売され、旅行者等のお土産としても注目されている。(郵便局のふるさと小包で商品化されて話題に。)

味も小豆だけでなく、黒砂糖などが入っており、独特の風味。通常の羊羹よりもあっさりしているため、羊羹が嫌いな人でも食べられるという。

最終更新時間:2008年12月26日 17時15分22秒

by ふくいウェブ

このページは、皆で編集して完成させる福井のローカル百科事典を目指しています。福井に関する情報であれば、どんなことでも、どなたでも参加して修正が可能です。皆様のご協力をお願いします。

なお、表記については、できるだけ客観的な表現をお願いします。(特定事項の宣伝やニュース情報ではありませんので、ご理解・ご協力についてよろしくお願いします。)

関連サイト: ふくいウェブネットBLOG - sawacom.net コミュニケーション