トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

三国神社随身門

三国神社随身門の概要

三国神社随身門とは、継体天皇の式内社である三国神社(坂井市三国町)にある福井県内最大規模の桜門で、1870年に完成し、福井県内の近世後期を代表する建築物として知られている。

正面の幅は8.18メートル、奥行き4.62メートル、高さ12.41メートル。2007年に福井県指定文化財となった。

三国神社随身門を紹介したページ

カテゴリー

[県指定文化財] [三国町] [坂井市] [継体天皇]

最終更新時間:2007年05月07日 15時35分51秒

by ふくいウェブ

このページは、皆で編集して完成させる福井のローカル百科事典を目指しています。福井に関する情報であれば、どんなことでも、どなたでも参加して修正が可能です。皆様のご協力をお願いします。

なお、表記については、できるだけ客観的な表現をお願いします。(特定事項の宣伝やニュース情報ではありませんので、ご理解・ご協力についてよろしくお願いします。)

関連サイト: ふくいウェブネットBLOG - sawacom.net コミュニケーション