トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

サンドーム福井

サンドーム福井の概要

サンドーム福井どは、福井県越前市と鯖江市の堺にある日本海側最大級の多目的イベントホール。正式名称は「福井県産業振興施設」。

1995年にアジアで初めて開催された世界体操選手権大会のメイン会場としての利用が決まり、当初の計画から大幅に設計を変更。日本海側最大のドーム型イベントホールとして現在の形となった。

運営主体

建設当初は財団法人サンドーム福井によって管理・運営されていたが、昨今の行政の合理化等から2006年で同法人は解散。2006年4月から指定管理者となる財団法人福井県産業会館によって運営されている。

サンドーム近辺の地図
by GoogleMap

所在地に関する経緯

サンドーム福井の所在地については、越前市(旧武生市)か鯖江市かということで、建設当初は大きな話題となった。敷地面積の大部分が鯖江市に属しているが、県のこれまでの慣例により、事務所がある場所がその所在地ということで、事務所が位置している越前市(武生市)がその所在地となった。

しかし、「世界体操選手権95鯖江大会」の会場が武生市(現在の越前市)ということで、鯖江市にすべきとの意見も根強く、施設所在地は武生市、ドーム所在地は鯖江という折衷案で事態の収拾を図ったという経緯がある。

最終更新時間:2008年08月17日 12時13分01秒

by ふくいウェブ

このページは、皆で編集して完成させる福井のローカル百科事典を目指しています。福井に関する情報であれば、どんなことでも、どなたでも参加して修正が可能です。皆様のご協力をお願いします。

なお、表記については、できるだけ客観的な表現をお願いします。(特定事項の宣伝やニュース情報ではありませんので、ご理解・ご協力についてよろしくお願いします。)

関連サイト: ふくいウェブネットBLOG - sawacom.net コミュニケーション