トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

えくらちゃん

えくらちゃん - エチゼンクラゲの粉末入りクッキー

2006年10月28日に京福商事から発売されたエチゼンクラゲの粉末入りクッキーの名称。

毎年、漁業に深刻なダメージを与えるエチゼンクラゲ。漁業関係者からの深刻な声に応え、2002年、福井県立小浜水産高校食品工業科(小浜市)の生徒が研究に着手。地元の水産高校と県内企業が共同でエチゼンクラゲを使ったクッキーを商品化して話題を呼んでおり、JR福井駅や県内の高速道路サービスエリアで2006年10月28日から発売されている。

  • 開発者:京福商事(福井市日之出3丁目、明石宣夫社長)、小浜水産高校
  • 商品名:「えくらちゃん さくさくクッキー」
  • 発売所:福井県内観光地をはじめ、JR福井駅内のキヨスクなどで発売

開発の経緯

  • 2002年 小浜水産高校にて研究着手
  • 2006年10月28日 発売開始
  • 2007年 3月10日 県の物産展(大阪)に出品

名称について

「えくらちゃん」は、チゼンクラゲの名称から名づけられた。マイナスイメージをプラスに転換するよい例。

なお、行政機関ではエチゼンクラゲのマイナスイメージから「大型クラゲ」という名称を使用することを提唱しているが、定着に至っていない。

越前くらげについて

エチゼンクラゲは1922年(大正11年)に東京帝国大学(現、東京大学)の岸上謙吉博士が名づけたと言われている。若狭湾で水揚げされた巨大なクラゲを福井県水産試験場が博士に届けたところ越前クラゲと命名された。備前クラゲや肥前クラゲの語呂合わせで越前クラゲとなったという説がある。

クラゲガールズ

小浜水産高校で「えくらちゃん」をPRする4人組の高校生。2007年3月10日に大阪で開催された物産展にも参加して、クッキーのPRを行った。

カテゴリー

[小浜市]

最終更新時間:2007年03月13日 10時51分15秒

by ふくいウェブ

このページは、皆で編集して完成させる福井のローカル百科事典を目指しています。福井に関する情報であれば、どんなことでも、どなたでも参加して修正が可能です。皆様のご協力をお願いします。

なお、表記については、できるだけ客観的な表現をお願いします。(特定事項の宣伝やニュース情報ではありませんので、ご理解・ご協力についてよろしくお願いします。)

関連サイト: ふくいウェブネットBLOG - sawacom.net コミュニケーション