トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

あっぽっしゃ

「あっぽっしゃ」の概要

福井市越廼(旧越廼村)に伝わる伝統行事で、オニのような面をかぶり、海に住む怪物にふんした大人が、地域の幼い子どもを脅かす。怪物の髪がホンダワラ(海草)でできているなど、越前海岸に面した地域の特長がよく出ている。伝説には、蒲生沖の海底にある茶釜のふたを開けて悪い子どもをさらいに来るといわれている。

秋田県につたわる「なまはげ」に似た行事であり、始まりは江戸時代とも言われる。

カテゴリー

[福井市] [越廼村] [伝統行事]

最終更新時間:2007年02月07日 12時07分23秒

by ふくいウェブ

このページは、皆で編集して完成させる福井のローカル百科事典を目指しています。福井に関する情報であれば、どんなことでも、どなたでも参加して修正が可能です。皆様のご協力をお願いします。

なお、表記については、できるだけ客観的な表現をお願いします。(特定事項の宣伝やニュース情報ではありませんので、ご理解・ご協力についてよろしくお願いします。)

関連サイト: ふくいウェブネットBLOG - sawacom.net コミュニケーション